映画への思いⅡ  - 2012年2月開設-
2011年12月以降の映画館、レンタルDVDなどで映画を観た感想などを…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自主上映会「息子」 2013.11.18

 少し更新が遅れましたが、11月の自主映画会で、山田洋次監督の「息子」を観てきました。1991年制作の映画で、少し古い作品ですが、まだ観ていなかった映画なので、楽しみにしていました。
 今年、小津安二郎監督へのオマージュとして作られた、山田洋次監督の「東京家族」。そして、そんな映画に相通じる家族をテーマにした映画、それが「息子」でした。妻を亡くし岩手の山村で一人暮らしの老人・浅野昭男、そんな昭男には二人の息子がいて、それぞれ仕事のために東京で暮らしていた。昭男自身も若い頃に家族のため東京へ出稼ぎに行ったことがあったが、老いた昭男を心配し東京へ出て来いとすすめる長男の誘いには気が乗らなかった。また今だ仕事が定まなくフラフラしてる次男の事も心配のタネであった。
 そんな時、戦友会の集まりで東京へ出かけた昭男、長男の自宅や次男のアパートに立ち寄った。そんな時思わぬことが、次男が紹介した可憐な女性…、恋をしているようだ。そして仕事に生きがいを見つけてようだ。それを見た昭男は、長男の同居のすすめを断り、一人岩手へと…。
 何処にでもある父と息子の物語、それがゆえにゆっくり映画が楽しめました。そして心が温まりました。お勧め度(5点満点で3.5点)

musuko.jpg

関連記事
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cinema509.blog.fc2.com/tb.php/54-3b5b2e8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。