映画への思いⅡ  - 2012年2月開設-
2011年12月以降の映画館、レンタルDVDなどで映画を観た感想などを…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自主上映会「人生万歳!」 2013.4.17

 日曜日のいつもの上映会でウッディ・アレンの「人生万歳!」を観てきました。いつもながらの洒落っ気たっぷりの映画でしたが、字幕を見ながらの鑑賞で、50%くらいしか理解出来なく、残念です。
 天才物理学者の老人・ボリス、とにかくよく喋る男で街角のカフェで知人らと世の中を皮肉り続けては楽しんでした。そんな彼だが、妻と別れて孤独感に耐えられず発作的な行動をすることもあった。そんな時、一人の家出娘・メロディが転がり込んで来た。そして今までのボリスにとってあり得ないメロディとの年の差カップルの奇妙な生活が始まり、そんな二人の下に訪ねて来るメロディの母親や父親などを巻き込んであり得ない展開へと…。「所詮幸せというのは、はかない束の間の夢なんだから、なんでもありなんだよ」と予期せぬ結果が待っていた。
 映画では主人公がカメラ目線で観客に向けて話しかけて始まります。いかにもウッディ・アレンらしい演出ですね。誰もが幸せな人生を求めますが、そんな人生はほんの束の間、すべては運次第なんでしょうかな。映画のお勧め度(5点満点で2.5点)

jinseibanzai.jpg

関連記事
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cinema509.blog.fc2.com/tb.php/51-2d2db473
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。