映画への思いⅡ  - 2012年2月開設-
2011年12月以降の映画館、レンタルDVDなどで映画を観た感想などを…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DVD鑑賞「しあわせのパン」「HOME 愛しの座敷わらし」 2013.3.28

 少し前ですが2本の映画「しあわせのパン」「HOME 愛しの座敷わらし」のすこしほのぼのとした映画をレンタルDVDで観ました。
 「しあわせのパン」:東京から北海道の月浦へ移り住み、パンカフェ“マーニ”を湖が見渡せる丘の上で営む夫婦・水橋尚とりえ。毎朝パンを焼く尚、それに合わせてコーヒーと料理を作るりえ、そんなお店に訪れる常連さんたち、地獄耳のガラス作家陽子、口をきかない少女、未久と父親、革の大きなトランクを抱えた山高帽の阿部、沖縄旅行をすっぽかされた傷心の香織、観察好きの羊のゾーヴァ。それぞれ悩みを抱える彼らですが、でも不思議と店を出ていく時は心が晴れ晴れとしあわせになるのでした。ある日、そんなお店に宿泊客として老人とその妻がやって来ました。ここは彼らにとって想い出の地なのでした。どんな思いででしょうねか?そしてしあわせになれたのでしょうか…。 
 美しい季節の移り変わりとともに淡々と描かれた映画で、見ている私たちもしあわせになれる映画です。映画のお勧め度(5点満点で3点)。

shiawasenopans.jpg

 「HOME 愛しの座敷わらし」:東京で暮らしていた高橋一家、それぞれの意思疎通がなくギクシャクとして暮らしていた。そんな一家が父・晃一の転勤で、岩手の田舎へ引っ越して来た。水田や山に囲まれた囲炉裏がある古びた一軒家で、あまりの環境の変化に戸惑う家族。都会暮らしに慣れた妻は近所付き合いなど不安いっぱい、子どもたちそれぞれも悩みを抱えていた。もちろん晃一も慣れない仕事やつきあいに悪戦苦闘の毎日だった。そして同居する老いた母親も次第に痴呆の症状が見られた。そんなある日、誰もいない所から物音が、そして不思議な現象も起こるようになった。果たして高橋一家は…。
 少しコミカルな映画でもありますが、家族が一つの時を一つの屋根の下で暮らすことの大切さを教えてくれる映画でした。家の周りの美しい自然と自然な子どもたちの笑顔が心に残る映画でもありました。映画のお勧め度(5点満点で3点)。

HOME.jpg

関連記事
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cinema509.blog.fc2.com/tb.php/50-5f9c9ff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。