映画への思いⅡ  - 2012年2月開設-
2011年12月以降の映画館、レンタルDVDなどで映画を観た感想などを…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DVD鑑賞「僕達急行 A列車で行こう」 2012.12.29

 少し前ですが、いつものレンタルで「俺達急行 A列車で行こう」を観ました。数々の娯楽映画をヒットさせた森田芳光監督の遺作となった映画です。そして監督が予てから暖めていた自らの脚本で、ほのぼのとした鉄ちゃんの映画です。
 主人公はそれぞれの好みの鉄道の楽しみ方を持った二人の青年、一人は音楽と鉄道の音のコラボレーションを楽しむ業界大手ののぞみ地所の社員小町圭、もう一人は鉄道の車両のすみずみのものを楽しむ中小企業コダマ鉄工所の二代目小玉健太だった。そんな二人は、ふとした切っ掛けで知り合った。そして新しい住居を探していたが小町は、自分の会社が作ったマンションには入りたくなく、仲良くなった小玉の寮の入るのだった。ますます意気投合し毎晩のように鉄道について語り合う二人であったが、小町は転勤で九州へ…。やがて九州へ転勤した小町の元へ東京から小玉が訪ねて来た。そしてそんな二人は偶然にもある男と出会うのでした。それは二人にとって仕事も趣味も好転へと突き進むのでした。
 鉄ちゃんではない私ですが、その楽しさ、清々しさに、思わずニヤ。楽しくなってしまう映画でした。映画のお勧め度(5点満点で4点)
oretatikyuukou.jpg

関連記事
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cinema509.blog.fc2.com/tb.php/46-0f87c591
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。