映画への思いⅡ  - 2012年2月開設-
2011年12月以降の映画館、レンタルDVDなどで映画を観た感想などを…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DVD鑑賞「はやぶさ 遥かなる帰還」 2012.12.19

 小惑星“イトカワ”から岩石サンプルを持ち帰るという世界初のこころみを成功させ、地球に帰還した小惑星探査機“はやぶさ”の偉業を成し遂げたプロジェクトチームと家族の、熱い思いと努力を描いた人間ドラマ、リーダー山口教授と率いる技術者たちの生きざま、そして彼らがどんな思いを抱きプロジェクトに向き合っていったか、観る者の胸を熱くする映画「はやぶさ 遥かなる帰還」を観ました。「はやぶさ」関係の映画は3本作られましたが、その中の1本です。
 2003年5月9日。小惑星探査機“はやぶさ”を搭載したロケットが鹿児島県内之浦観測所から飛び立つ。その最大の目的は、小惑星“イトカワ”へ行き、太陽系の起源、地球の起源を探る手がかりとなる石や砂を持ち帰るという壮大なミッションでした。それには何人もの科学者、技術者、記者、そしてその家族も想いが込められていました。だたその先には幾つもの困難(エンジントラブル、制御不能、通信が途絶える、着陸など)が待っていたのでした。それらの困難をそれぞれの絆によって克服していくのでした。そして最後のミッション、地球への帰還。
 物語の結末は、すでにわかっているのですが、最後の帰還のシーンを観るとジーンとしました。後の2本も機会があれば是非観たいです。少し専門用語が出てくるのでわかりずらい面もありましたが、お勧め度は(5点満点で3点)。
hayabusa-haruka.jpg

関連記事
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cinema509.blog.fc2.com/tb.php/45-f43f2ae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。