映画への思いⅡ  - 2012年2月開設-
2011年12月以降の映画館、レンタルDVDなどで映画を観た感想などを…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DVD鑑賞「ロボジー」 2012.12.1

 以前から観たいと思っていた作品を偶然レンタル店で発見、それが「ロボジー」でした。ロボット開発、それがとんでもないひと騒ぎを起こすとういう、コミカルで心温まる映画です。
 電気メーカー木村電器の窓際社員の三人がワンマン社長のひと声で二足歩行のロボット製作を命じられた。それは近じか開催されるロボット博での企業い広告が目的だった。何とかあと1歩にこぎつけた三人だったが、制作途中のロボット“ニュー潮風”は木っ端微塵に大破! 窮地に追い込まれた三人は、ロボットの中に人間を入れてごまかす計画を立案。架空のオーデションを開き、そこに現れたのが退職し久しく一人暮らしの老人・鈴木重光。その老人がとんでもない爺さんだった…。さらに“ニュー潮風”に恋をしたロボットオタクの女子学生・葉子も巻き込み、思わぬ方向へ展開していくのでした。
 お勧め度(5点満点で3点)。お正月にコタツに入って、気楽に観るのにお勧めかな?
roboji.jpg

関連記事
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cinema509.blog.fc2.com/tb.php/43-eb807518
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。