FC2ブログ
映画への思いⅡ  - 2012年2月開設-
2011年12月以降の映画館、レンタルDVDなどで映画を観た感想などを…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DVD鑑賞「コクリコ坂」 2012.7.20

 昨年公開された宮崎アニメ、東京オリンピック開催前の横浜を舞台にした青春アニメ「コクリコ坂」を観ました。
 1963年横浜、そんな時代の高校生の海と俊の純愛物語です。海が見える坂の上に建つ大きな家、そこに女系家族の長女・松崎海と祖母、妹、そして下宿人の女性たちが暮らしていました。海たちの母は、仕事で家を離れていることが多く、船員だった父は朝鮮戦争で亡くなっていました。しっかりものの海は、家族らの食事世話など手際よくこなしていました。そんな海は、ある切っ掛けで同じ高校の新聞部部長・風間俊に心寄せるのでした。海と俊は、新聞部の部室がある建物の取り壊し問題などで、より親密になっていった。でも海と俊のそれぞれの出生には、隠されたドラマがあったのでした。
 1963年代というノスタルジックな物語、今より日本人が生き生きとしていた時代で、当時の高校生たちの姿が新鮮でした。またこの映画では、主人公たちの両親の青春時代のこともちょっぴり描かれていて、その時代背景を垣間見ることも出来ました。映画のお勧め度(5点満点で3点)
コクリコ坂イメージ画

関連記事
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://cinema509.blog.fc2.com/tb.php/36-f2beb1cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。