映画への思いⅡ  - 2012年2月開設-
2011年12月以降の映画館、レンタルDVDなどで映画を観た感想などを…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DVD鑑賞「東京家族」 2013.12.28

 兼ねてから観たかった映画「東京家族」を観ました。巨匠・小津安二郎の『東京物語』へのオマージュとして山田洋次監督によって作られた映画です。映画のストーリや家族構成などは、ほぼ「東京物語」と同じで、それを現代に当てはめたものです。でも時代が代わっても家族間で抱える問題は同じ、そしてその答えも同じなんだと感じました。この映画を観る人の年齢により、それぞれ違うのでしょね。山田洋次らしい優しい演出になっています。是非ご覧ください。お勧め度(5点満点で4点)
tokyomonogatari.jpg

スポンサーサイト

DVD鑑賞「あなたへ」 2013.12.23

 以前テレビで観た、高倉健主演の「あたなへ」を再度DVDで観ました。妻と二人で刑務官として全国を転勤してきた主人公・倉島英二、そして最後の赴任地としてやって来た富山で技師官として最後の仕事をしようと決意した矢先に妻が病に倒れ、定年後は二人で車での旅行を計画していたのでしたが、それも叶わず悲しい別れを…。そんな時、妻の最後の手紙を伝言を受け取るのでした。その伝言とは妻の故郷・平戸へ行き、もう一枚の手紙を受け取り、その海に散骨してほしいと云うものでした。少し戸惑う英二であったが、刑務官当時に友人に退職届を預け、ある朝車で旅立つのでした。
 映画はそんな英二が平戸へと向かくロードムービーとして描かれています。その先々で知り合う人たちと交流し、それぞれの人生を柿間見、そして妻との思い出、妻との決別の決意、いろんなものが脳裏をかするのでした。主演の高倉健に加え、脇役の名優たちと、優しさと暖かい心に包まれた映画でした。何度観てもいい映画だと感じました。
 映画のお勧め度(5点満点で4点)

anatahes.jpg





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。