FC2ブログ
映画への思いⅡ  - 2012年2月開設-
2011年12月以降の映画館、レンタルDVDなどで映画を観た感想などを…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TV映画「岳-ガク-」 2012.10.9

 先月末に放映されたものを録画し、観ました。石塚真一による原作コミックを映画化したもので、日本アルプスを舞台にした、山岳救助ボランティア・島崎三歩と長野県救助隊らの仲間たちを描いた人間賛歌映画「岳-ガク-」を観ました。
 世界の山を登り、山の厳しさ美しさを知り尽くした三歩、山の素晴らしさを多くの人に知ってもらいたいと山岳救助ボランティアをしていた。どんな遭難者へも責めることなく、仮に遭難者が死亡しても「よく頑張った」と声をけてやる三歩、そんな三歩が暮らす山に、長野県北部警察署山岳救助隊の新人・椎名久美が派遣されて来た。折しも救助要請がありヘリコプターに同乗し現場へ、その時笑顔が眩しい一人の青年と出会った。これが三歩との出会いであった。久美は山岳救助隊隊長・野田や三歩から厳しい訓練を受け、大自然の厳しさや救助現場での自分の未熟さを感じる日々が続いていた。そして猛吹雪の中での多重遭難が発生、救助に向かった久美だったが…。
 山の美しさ、厳しさを見せてくれる映画、そして三歩の笑顔に隠された悲しい事実とともに忘れることのない映画になりました。映画のお勧め度(5点満点で3.5点)

gakus-55.jpg


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。