映画への思いⅡ  - 2012年2月開設-
2011年12月以降の映画館、レンタルDVDなどで映画を観た感想などを…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DVD鑑賞「東京家族」 2013.12.28

 兼ねてから観たかった映画「東京家族」を観ました。巨匠・小津安二郎の『東京物語』へのオマージュとして山田洋次監督によって作られた映画です。映画のストーリや家族構成などは、ほぼ「東京物語」と同じで、それを現代に当てはめたものです。でも時代が代わっても家族間で抱える問題は同じ、そしてその答えも同じなんだと感じました。この映画を観る人の年齢により、それぞれ違うのでしょね。山田洋次らしい優しい演出になっています。是非ご覧ください。お勧め度(5点満点で4点)
tokyomonogatari.jpg

スポンサーサイト

DVD鑑賞「あなたへ」 2013.12.23

 以前テレビで観た、高倉健主演の「あたなへ」を再度DVDで観ました。妻と二人で刑務官として全国を転勤してきた主人公・倉島英二、そして最後の赴任地としてやって来た富山で技師官として最後の仕事をしようと決意した矢先に妻が病に倒れ、定年後は二人で車での旅行を計画していたのでしたが、それも叶わず悲しい別れを…。そんな時、妻の最後の手紙を伝言を受け取るのでした。その伝言とは妻の故郷・平戸へ行き、もう一枚の手紙を受け取り、その海に散骨してほしいと云うものでした。少し戸惑う英二であったが、刑務官当時に友人に退職届を預け、ある朝車で旅立つのでした。
 映画はそんな英二が平戸へと向かくロードムービーとして描かれています。その先々で知り合う人たちと交流し、それぞれの人生を柿間見、そして妻との思い出、妻との決別の決意、いろんなものが脳裏をかするのでした。主演の高倉健に加え、脇役の名優たちと、優しさと暖かい心に包まれた映画でした。何度観てもいい映画だと感じました。
 映画のお勧め度(5点満点で4点)

anatahes.jpg



自主上映会「息子」 2013.11.18

 少し更新が遅れましたが、11月の自主映画会で、山田洋次監督の「息子」を観てきました。1991年制作の映画で、少し古い作品ですが、まだ観ていなかった映画なので、楽しみにしていました。
 今年、小津安二郎監督へのオマージュとして作られた、山田洋次監督の「東京家族」。そして、そんな映画に相通じる家族をテーマにした映画、それが「息子」でした。妻を亡くし岩手の山村で一人暮らしの老人・浅野昭男、そんな昭男には二人の息子がいて、それぞれ仕事のために東京で暮らしていた。昭男自身も若い頃に家族のため東京へ出稼ぎに行ったことがあったが、老いた昭男を心配し東京へ出て来いとすすめる長男の誘いには気が乗らなかった。また今だ仕事が定まなくフラフラしてる次男の事も心配のタネであった。
 そんな時、戦友会の集まりで東京へ出かけた昭男、長男の自宅や次男のアパートに立ち寄った。そんな時思わぬことが、次男が紹介した可憐な女性…、恋をしているようだ。そして仕事に生きがいを見つけてようだ。それを見た昭男は、長男の同居のすすめを断り、一人岩手へと…。
 何処にでもある父と息子の物語、それがゆえにゆっくり映画が楽しめました。そして心が温まりました。お勧め度(5点満点で3.5点)

musuko.jpg



自主上映会「桐島、部活やめるってよ」 2013.7.15

 連休中にいつも自主上映会で「桐島、部活やめるってよ」を観ました。ある県立高校映画部の前田涼也、クラスで目立たない存在だった。そんないつもと変わらぬ金曜日の放課後、バレー部のキャプテンで成績優秀、誰もがスターとして一目置いていた“桐島が突然部活を辞めたという”ニュースが学校内を駆け巡った。桐島の恋人でさえ彼と連絡が取れないまま、桐島と関わっていた生徒たちはもちろん、他の生徒たちにも波紋が広がっていく。そして、桐島とは一番遠い存在だった映画部の涼也へも…。
 ごく普通に起きえる、ちょっとした事件が微妙にそれぞれの生徒の気持ちに影響を与える、ガラスのような青春期の心の中を描いた映画でした。同じシーンを色んなカメラで映画を撮るように繰り返すところとか、描き方も面白かったです。そして桐島君とは、どんな生徒だろうと想像するのも面白いかもネ!映画のお勧め度(5点満点で3.5点)
追伸:偶然にもその前に観た映画「キツツキと雨」の主人公が作っていた映画と同じく、映画部の前田涼也らが作っていた映画もゾンビがテーマだった。(*~_~*)(笑)

kirishimas.jpg



DVD鑑賞「キツツキと雨」 2013.7.5

 久しぶりのレンタル店に立ち寄り、以前から観たかった映画「キツツキと雨」を借りて観ました。
 ある小さな山間部の村で、妻を亡くし息子とギクシャクしながらと毎日暮らす男・岸克彦は、仲間と山仕事をしていた。そんなある日、山で木をチェーンソー切っていると、「近くで映画の撮影をしているの…」映画撮影隊の男から声をかけられた。これが映画撮影隊と克彦との出会いでした。それから数日後の雨の日、道で立ち往生する車と出会い、それは切っ掛けで克彦は映画隊に関わり始めるのでした。そして克彦は、監督とも知らずに、ひ弱でプレシャーに弱い男・映画監督の田辺幸一にイライラしながらも、何故か世話をやくのだった。映画の内容は、突拍子もないゾンビ映画だったが、克彦には新鮮に思え、映画に出演したり、仲間や村人までとり込んでいくのでした…。果たして映画は、無事完成するのでしょうか?
 何ともコミカルで楽しい映画でした。また素朴な男を演じる役所広司と純朴な青年を演じる小栗旬の共演が新鮮でいいですね。また自然豊かな山間の風景も清々しさも良かったです。お勧めで度(5点満点で4点)

kitutuki.jpg



自主上映会「人生万歳!」 2013.4.17

 日曜日のいつもの上映会でウッディ・アレンの「人生万歳!」を観てきました。いつもながらの洒落っ気たっぷりの映画でしたが、字幕を見ながらの鑑賞で、50%くらいしか理解出来なく、残念です。
 天才物理学者の老人・ボリス、とにかくよく喋る男で街角のカフェで知人らと世の中を皮肉り続けては楽しんでした。そんな彼だが、妻と別れて孤独感に耐えられず発作的な行動をすることもあった。そんな時、一人の家出娘・メロディが転がり込んで来た。そして今までのボリスにとってあり得ないメロディとの年の差カップルの奇妙な生活が始まり、そんな二人の下に訪ねて来るメロディの母親や父親などを巻き込んであり得ない展開へと…。「所詮幸せというのは、はかない束の間の夢なんだから、なんでもありなんだよ」と予期せぬ結果が待っていた。
 映画では主人公がカメラ目線で観客に向けて話しかけて始まります。いかにもウッディ・アレンらしい演出ですね。誰もが幸せな人生を求めますが、そんな人生はほんの束の間、すべては運次第なんでしょうかな。映画のお勧め度(5点満点で2.5点)

jinseibanzai.jpg



DVD鑑賞「しあわせのパン」「HOME 愛しの座敷わらし」 2013.3.28

 少し前ですが2本の映画「しあわせのパン」「HOME 愛しの座敷わらし」のすこしほのぼのとした映画をレンタルDVDで観ました。
 「しあわせのパン」:東京から北海道の月浦へ移り住み、パンカフェ“マーニ”を湖が見渡せる丘の上で営む夫婦・水橋尚とりえ。毎朝パンを焼く尚、それに合わせてコーヒーと料理を作るりえ、そんなお店に訪れる常連さんたち、地獄耳のガラス作家陽子、口をきかない少女、未久と父親、革の大きなトランクを抱えた山高帽の阿部、沖縄旅行をすっぽかされた傷心の香織、観察好きの羊のゾーヴァ。それぞれ悩みを抱える彼らですが、でも不思議と店を出ていく時は心が晴れ晴れとしあわせになるのでした。ある日、そんなお店に宿泊客として老人とその妻がやって来ました。ここは彼らにとって想い出の地なのでした。どんな思いででしょうねか?そしてしあわせになれたのでしょうか…。 
 美しい季節の移り変わりとともに淡々と描かれた映画で、見ている私たちもしあわせになれる映画です。映画のお勧め度(5点満点で3点)。

shiawasenopans.jpg

 「HOME 愛しの座敷わらし」:東京で暮らしていた高橋一家、それぞれの意思疎通がなくギクシャクとして暮らしていた。そんな一家が父・晃一の転勤で、岩手の田舎へ引っ越して来た。水田や山に囲まれた囲炉裏がある古びた一軒家で、あまりの環境の変化に戸惑う家族。都会暮らしに慣れた妻は近所付き合いなど不安いっぱい、子どもたちそれぞれも悩みを抱えていた。もちろん晃一も慣れない仕事やつきあいに悪戦苦闘の毎日だった。そして同居する老いた母親も次第に痴呆の症状が見られた。そんなある日、誰もいない所から物音が、そして不思議な現象も起こるようになった。果たして高橋一家は…。
 少しコミカルな映画でもありますが、家族が一つの時を一つの屋根の下で暮らすことの大切さを教えてくれる映画でした。家の周りの美しい自然と自然な子どもたちの笑顔が心に残る映画でもありました。映画のお勧め度(5点満点で3点)。

HOME.jpg



自主上映会「わが母の記」 2013.3.20

 先週の日曜日に昭和の文豪・井上靖び自伝小説の映画「わが母の記」を観ました。自身の家族との実話をもとに書かれていて、母との想いを50年を経て語られた話です。
 幼い頃に母から離れて育てられ、「僕だけが捨てられたようなものだ」と、母との隔たりを感じらがら育った主人公・洪作、しばらく訪れなかった湯ヶ島の実家を父の見舞いに訪れた。やがて東京へ戻った洪作の下に父の訃報が届く。父亡き後、物忘れが始まった母八重を兄弟で交代で面倒みるようになった。それぞれの兄弟たちが献身に八重の面倒をみるが、次第に八重の記憶が薄れていった。母の誕生日を祝った最後の家族旅行、「おばあちゃんの気持ちになって」と軽井沢の別荘で面倒をみる娘琴子、と時が過ぎる。そしてある日、記憶が薄れて行く母の口から出た言葉に洪作は、絶句した。母のもとを離れ預けられた時の母の本当の想いを知るのでした。
 本当に見応えのある映画で、時間がたつのは忘れて観ました。今、ちょうど母の介護をしている時なので、息子を想う母の心に触れられたような思いです。映画のお勧め度(5点満点で3.5点)

wagahaha.jpg


DVD鑑賞「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」 2013.3.7

 今回は、少し前に観た「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」を書きます。2010年に公開された 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」 の2作目になります。
  舞台は富山県、そして富山地方鉄道の運転士のお話です。間もなく定年を迎える運転士・滝島徹、最後の仕事として頼まれたのが新人運転士の指導だった。そんな徹には専業主婦の妻・佐和子がいた。結婚する前は看護師として働いていたが、子育てのためやめていた。そんな佐和子が徹の定年を機に復帰したいと思い、徹に話していた。だが定年後はのんびりと妻と旅行をして過ごしたいと考えていた徹は、妻の考えが理解できなく、やがて二人の間に溝が、そんな二人を何とかしようと周りの仲間や子どもたち、果たして選んだ二人の道は…。 
  そばにいるのが当たり前、相手の気持ちを理解しようとしなかった、そんな二人の第2の人生の分岐点を、同僚、部下、娘夫婦、そして佐和子が担当する患者家族の人生と交差しながら描かれた感動作でした。また映画の中では、美しい富山の立山連峰をバックに走る富山地方鉄道の色んな車両が見られ、ちょっぴり鉄道好きな私には楽しい映画でした。映画のお勧め度(5点満点で3点)
RALWAY2.jpg



自主上映会「続・男はつらいよ」 2013.1.14

 今年最初の自主上映会で、今まで観た事がなかった名作シリーズ「男はつらいよ」の2作目「続・男はつらいよ」を観て来ました。なかなかフイルムでの上映が出来なかった作品で、楽しみにしていました。
 映画の内容は、主人公の寅さんの生い立ち、母との京都での再会など盛りだくさんでした。懐かしい出演者の面々や寅さんの名セリフなど、十分に楽しめました。笑いあり、涙あり、感動ありと、やっぱり名作ですね。お勧め度(5点満点で4.5点)
zokuotoko.jpg



DVD鑑賞「僕達急行 A列車で行こう」 2012.12.29

 少し前ですが、いつものレンタルで「俺達急行 A列車で行こう」を観ました。数々の娯楽映画をヒットさせた森田芳光監督の遺作となった映画です。そして監督が予てから暖めていた自らの脚本で、ほのぼのとした鉄ちゃんの映画です。
 主人公はそれぞれの好みの鉄道の楽しみ方を持った二人の青年、一人は音楽と鉄道の音のコラボレーションを楽しむ業界大手ののぞみ地所の社員小町圭、もう一人は鉄道の車両のすみずみのものを楽しむ中小企業コダマ鉄工所の二代目小玉健太だった。そんな二人は、ふとした切っ掛けで知り合った。そして新しい住居を探していたが小町は、自分の会社が作ったマンションには入りたくなく、仲良くなった小玉の寮の入るのだった。ますます意気投合し毎晩のように鉄道について語り合う二人であったが、小町は転勤で九州へ…。やがて九州へ転勤した小町の元へ東京から小玉が訪ねて来た。そしてそんな二人は偶然にもある男と出会うのでした。それは二人にとって仕事も趣味も好転へと突き進むのでした。
 鉄ちゃんではない私ですが、その楽しさ、清々しさに、思わずニヤ。楽しくなってしまう映画でした。映画のお勧め度(5点満点で4点)
oretatikyuukou.jpg



DVD鑑賞「はやぶさ 遥かなる帰還」 2012.12.19

 小惑星“イトカワ”から岩石サンプルを持ち帰るという世界初のこころみを成功させ、地球に帰還した小惑星探査機“はやぶさ”の偉業を成し遂げたプロジェクトチームと家族の、熱い思いと努力を描いた人間ドラマ、リーダー山口教授と率いる技術者たちの生きざま、そして彼らがどんな思いを抱きプロジェクトに向き合っていったか、観る者の胸を熱くする映画「はやぶさ 遥かなる帰還」を観ました。「はやぶさ」関係の映画は3本作られましたが、その中の1本です。
 2003年5月9日。小惑星探査機“はやぶさ”を搭載したロケットが鹿児島県内之浦観測所から飛び立つ。その最大の目的は、小惑星“イトカワ”へ行き、太陽系の起源、地球の起源を探る手がかりとなる石や砂を持ち帰るという壮大なミッションでした。それには何人もの科学者、技術者、記者、そしてその家族も想いが込められていました。だたその先には幾つもの困難(エンジントラブル、制御不能、通信が途絶える、着陸など)が待っていたのでした。それらの困難をそれぞれの絆によって克服していくのでした。そして最後のミッション、地球への帰還。
 物語の結末は、すでにわかっているのですが、最後の帰還のシーンを観るとジーンとしました。後の2本も機会があれば是非観たいです。少し専門用語が出てくるのでわかりずらい面もありましたが、お勧め度は(5点満点で3点)。
hayabusa-haruka.jpg



自主映画会「クリスマスのその夜に」 2012.12.16

 ちょっとクリスマスに早いですが、いつもの自主映画会で「クリスマスのその夜に」を観て来ました。大切な人との時間を求めて懸命に生きる人々の複数のエピソードを交錯させながらクリスマス・イヴの一夜を描いたノルエー映画でした。私たちが思い描くクリスマスでなく、しっとりとした家族愛、人と人とのぬくもり、そしてちょっぴり切ない映画でした。
 結婚生活が破綻し妻に追い出され、サンタクロースに変装し、子どものもとにプレゼントを届ける男、戦乱から逃げて来たコソボ出身のカップルの赤ちゃんを取り上げる中年医師、家族との団らんよりイスラム教徒の少女との時間を過ごすことを選んだ少年、不倫女性から結婚を迫られ妻との板ばさまに立つ男、故郷へ帰えろうと決意をするが無賃乗車で雪の中の駅に下され、さまよう男の出会いなどなど…。年に一度の大切な夜、人々は愛を求めてその夜を迎え、それぞれの家族のもとへ帰って行く。メリークリスマスと云うために…。
 日本では単なる年中行事、宗教的意味合いも薄れ、賑わう夜を想い浮かべますが、北欧の人たちにとってのクリスマスは違うんだなあと感じた映画でした。少し描き方が複雑でわかりづらいかもしれませんが、イブの夜に観るといいかも知れませんね。お勧め度(5点満点で3点)
christmas.jpg



DVD鑑賞「ロボジー」 2012.12.1

 以前から観たいと思っていた作品を偶然レンタル店で発見、それが「ロボジー」でした。ロボット開発、それがとんでもないひと騒ぎを起こすとういう、コミカルで心温まる映画です。
 電気メーカー木村電器の窓際社員の三人がワンマン社長のひと声で二足歩行のロボット製作を命じられた。それは近じか開催されるロボット博での企業い広告が目的だった。何とかあと1歩にこぎつけた三人だったが、制作途中のロボット“ニュー潮風”は木っ端微塵に大破! 窮地に追い込まれた三人は、ロボットの中に人間を入れてごまかす計画を立案。架空のオーデションを開き、そこに現れたのが退職し久しく一人暮らしの老人・鈴木重光。その老人がとんでもない爺さんだった…。さらに“ニュー潮風”に恋をしたロボットオタクの女子学生・葉子も巻き込み、思わぬ方向へ展開していくのでした。
 お勧め度(5点満点で3点)。お正月にコタツに入って、気楽に観るのにお勧めかな?
roboji.jpg



DVD鑑賞「大鹿村騒動記」2012.11.28

 久しぶりにレンタル店でDVDを借りて来ました。昨年亡くなられた名優・原田芳雄が「自分の原点を確認するためにどうしてもやっておきたい」と切望した作品「大鹿村騒動記」を観ました。映画の舞台は、南アルプスの懐に抱かれた山村・大鹿村で、そして物語は300年以上受け継がれてきた村歌舞伎を背景に、日本映画界が誇る名優たちが繰り広げる人間味あふれる群像喜劇で、自ら主演をつとめられました。
 大鹿村でシカ料理店を営む初老の男・風祭善は、300年以上の歴史を持つ村歌舞伎の花形役者でした。ただ彼には、18年前に妻・貴子が親友で幼なじみの治と駆け落ちした辛い過去があった。そして毎年の伝統の村歌舞伎の開催が5日後にせまったある日、駆け落ちした妻と治が村に戻って来た。また村では将来通るリニアーモーターの話題で右往左としていた。それに加えて大型台風接近、村歌舞伎の開催危うし…。村中いろんなものを含んで大騒動、善、貴子、治らの行く末は果たして…。
 映画の中で演じられる村歌舞伎も見もので、観ていて楽しくなる映画でした。お勧め度(5点満点で3.5点)
oosikamura.jpg





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。